有限会社船橋ステンレス工業


有限会社
船橋ステンレス
工業


ご挨拶

焼鳥器

焼鳥 動画集

焼き鳥器
料理集♪


炊き出し鍋

線香着火器
灯りちゃん


燻製器

受注品の
加工について


施工例

イベント

お問い合わせ

会社概要

リンク集

ご注文について




イカのぽっぽ焼き
(イカワタのホイル焼き)


(使用しているのは”お父さんのやきとり屋さん”です)
焼き鳥器で炭火熾し 焼き鳥の串うち 後片付け 料理集 動画集 製品のご案内・ご注文

イカワタのホイル焼きはこちら

イカはお刺身で食べるような新鮮なものを使います。(写真)

まず、イカの下ごしらえをします。

胴からワタを引き抜き、胴の内側についているイカの骨を取り除きます。
げそは吸盤の固いところを包丁の背でしごいて落とし、ワタとげそを切り分け、げそについている口の歯、目を取っておきましょう。

このままげそを焼くと火が通りにくいので、1か所切れ目を入れて開いておきます。
胴・げそともに軽く水洗いし、胴の上側(黒い方)に包丁で1cm間隔の切り込みをいれておきます。

※イカのワタは、ワタ焼きの好きな方は軽く水洗いをして取っておきましょう。
写真は下ごしらえを終えた物です。
焼き鳥器で炭を熾し、油を塗った網を乗せて、網を温めておきます。

下ごしらえしたイカを乗せてじっくり焼いていきます。

イカに火が通ってきて少し丸みが出てきたらひっくり返して醤油を塗ります。

これを何度か繰り返しながら両面に醤油を塗り、軽く焦げ目がついていい香りがしたら完成です。
はい!できあがりです♪

焼きあがった後、食べやすくカットしました。


〜お酒に合うツウの味! イカワタのホイル焼き〜
(珍味です)



※焼き鳥器の中に直接入れて焼いている状態です。

1 ※イカワタは新鮮な物で作ってください。
先ほどの下ごしらえで取っておいたイカワタについている墨を取り除き、大きめに切ったホイルの中央に玉ねぎを敷いて、その上にイカのワタを乗せて塩を小さじ1/3ほど振ってホイルで包みます。
2 それをさらにホイルで包み(全部で二重)、熾火になっている焼き鳥器の中にそのまま入れます。
(※入れる時はトングなどを使用し、火傷にご注意ください)
3 10分ほど焼いていくとイカワタのいい香りがしてきますので、香りが出たら一度取り出し中身を確認しましょう。
お好きな焼き加減でお召し上がりください。

※焼き鳥器の中にイカワタのホイル焼きを入れた状態では
熱が上に上がらないため、イカ焼きや焼き鳥などのほかの料理はできません。





≪おすすめ商品≫
焼き鳥器 片付けセット タレ入れ

焼き鳥器料理集♪へ




ステンレス製品加工・焼鳥器等自社製品製造・販売
有限会社 船橋ステンレス工業

TEL:(047)465-8910  FAX:(047)494-3314
営業時間:10:00〜17:00
mail@omoshiroikoto.com

Copyright © since 2008 (有)船橋ステンレス工業 All Right Reserved.