有限会社船橋ステンレス工業


有限会社
船橋ステンレス
工業


ご挨拶

焼鳥器

焼鳥 動画集 

焼き鳥器
料理集♪


炊き出し鍋

線香着火器
灯りちゃん


燻製器

受注品の
加工について


施工例

イベント

お問い合わせ

会社概要

リンク集

ご注文について





タレの作り方(タレ入れの使い方)

焼き鳥  〜タレ編〜はコチラから
(使用しているのは”お父さんのやきとり屋さん”です)
焼き鳥器で炭火熾し 焼き鳥の串うち 後片付け 料理集 動画集 製品のご案内・ご注文
タレ入れに”エバラ焼き鳥のタレ”240gに、みりん120g、酒240g、醤油240gを加えよく混ぜます。

焼き鳥のタレはとても甘いので、お好みで醤油の量を加減してください。
濃度が薄くなり、菜ばしですくうと箸にはあまりつかず、ぽたっと1〜2回たれるくらいになります。
この状態がベストです。下記ポイントにて詳しくご説明します。


もし、もう少しとろみをつけたい場合は、水あめを少し加えてよく混ぜてください。
ポイント
作りあがったタレはさらさら過ぎるくらいがオススメです。
”エバラ焼き鳥のタレ”原液のままのとろみですと焼き鳥串に大量についてしまい、そのまま焼き鳥器で焼くとタレが落ちて炭火にべっとり焦げ付き、火力が弱まってその後も火が熾きなくなってしまいます。

タレ入れを使って、タレで焼いていきましょう!
さらさらしたタレで焼く場合は2度付けで焼き、最後に焼き上がりでもう一度つけると、甘じょっぱく香ばしいタレ焼き鳥をお楽しみいただけます。


おすすめ商品≫
タレ入れ 焼き鳥器


焼き鳥器料理集♪へ




ステンレス製品加工・焼鳥器等自社製品製造・販売
有限会社 船橋ステンレス工業

TEL:(047)465-8910  FAX:(047)494-3314
営業時間:10:00〜17:00
mail@omoshiroikoto.com

Copyright © since 2008 (有)船橋ステンレス工業 All Right Reserved.